ディーラーへのチップの渡し方

ディーラーへのチップ

カジノでの禁止事項ではありませんが、マナーとして知っておかなければならないのがディーラーへのチップです。

特に大勝ちしてテーブルを離れる時には、ディーラーに心づけとして渡すのがマナーです。渡さなくても文句は言われませんが、実はアメリカのディーラーは給料ではなく、チップが生活の糧です。

「勝ったら渡す」は、初心者にとってもベテランにとっても常識なのです。賭け金の中にはその料金も含まれると考え、儲けはすべて自分のものといった考えはなくしましょう。

ページ上部へ▲

ブラックジャクテーブル

ブラックジャクテーブルで、プレイヤーがブラックジャックを出した場合(絵札とエース)、親も同時にブラックジャックでない限り、プレイヤーは1.5倍の配当を受けることができます。

こういった時も、配当の一部をお礼としてディーラーに渡すことが常識となっています。

ページ上部へ▲

ヨーロッパのルーレット

ヨーロッパでも頻繁にディーラーに渡されます。

例えばルーレットで、ストレートが当たった場合、36倍の配当がつきますが、この36分の1をチップとして渡すことが多いようです。

ページ上部へ▲

東南アジア・マカオ

東南アジアやマカオでは、プレイヤーが勝ち続けていると、ディーラーが何の断りもなく勝手にチップを持っていくことがあります。

こういう「腹の立つ」システムのカジノでは、プレイヤー側から一切渡す必要はありません。
こういうカジノはお客をもてなす精神はなく、まさしく賭博場で、マナーも仁義もあったものではありません。むしろ、余計な金額を取られないように、注意が必要なほどです。

ちなみに、マカオで勝手にチップを持っていかれた場合、抗議をすれば返してもらえます。

ページ上部へ▲

韓国

韓国では、勝ち続けると日本語で「気持ちいいですか?」と要求されます。
(どうやら、お気持ちをいただけますか?という意味らしい)ディーラーから当然のように要求されるのは、あまり気分のいいものではありませんが、勝手に持っていくわけではなく、また理不尽な要求をするわけでもないので、ここは逆らわず少しだけ渡しましょう。

ページ上部へ▲

カクテルガールへのチップ

ラスベガスでゲームをしていると、頻繁に飲み物の注文を取りに、カクテルガールと呼ばれる女性がやってきます。ゲームのテーブルでオーダーする場合飲み物はすべて無料ですが、飲み物を注文したら必ず1ドル程度をカクテルガールに渡すのが常識です。

アメリカは日本と異なり、ほとんどのサービス業が、チップを基本に生活をしています。人に何かをしてもらったら渡すといったマナーをカジノ初心者でもうっかり忘れないようにしましょう。

ページ上部へ▲

カジノの興奮がネットで味わえます!【わくわく度 100%】

カジノゲーム好きの方に 『 ジパングカジノ 』 をおすすめします!

本場カジノの「喜びや興奮」、そのすべてを感じることができる
『ライブゲーム』では、ディーラーとリアルタイム真剣勝負が楽しめます。その熱狂はまさに マカオ級!
勝負で勝ちとったお金は、自分の銀行口座に引出せます。

無料モードで練習できるので初めての方でも安心です。
遊べば遊ぶほどに、カジノゲームの楽しさが実感できます!

無料体験してみよう
ジパングカジノでの楽しみ方はこちらからどうぞ ≫