カジノでの心構え六か条

カジノでの心構え六か条

カジノでは「勝つ事より、負けない事」が勝負の基本になります。
その基本を元にゲームを楽しむための基礎について説明します。
このようなギャンブルの基礎は一見必要が無いように感じますが、攻略法が身につくまでの「事故」の確率を減らし、より「安全」にゲームを楽しむための重要なポイントです。

  1. 計画と目標を立てる
  2. 使ってはいけないお金に手をつけない
  3. 負けを取り返そうとしない
  4. 勝っている時こそ追撃
  5. 飲んだら賭けるな、賭けるなら飲むな

1.計画と目標を立てる

まず、その日に使う金額を決めます。そうしないと負けが込んだ時にズルズルと負け続ける事になります。そして勝つ金額の目標を決めます。

ここで重要なのは、あまり高い目標を立てないことです。
あまり目標高く立て過ぎると、目標から来る強迫心が判断に影響を与えて、冷静さを失わせる可能性があります。特に慣れるまでは、大きな勝ちを期待せずに「マイナスにならなければOK」くらいのゆとりのある心構えが必要です。

ページ上部へ▲

2.使ってはいけないお金に手をつけない

冷静な判断を狂わせる行為は自重するという鉄則から考えて、生活費等の使ってはいけないお金を元手にするのは危険です。恐れを持ちながら打つギャンブルは、絶対に勝てないと言われています。

「これで負けたら困った事になる。負けたらどうしよう。」というお金を賭けている時は、その恐れが大きい程、誤った判断をしてしまいます。

ページ上部へ▲

3.負けを取り返そうとしない

負けている時に取り返そうとして、賭け金を増やすのはやめるべきです。
確率統計論的に見ても取り返せる可能性は低いです。
ギャンブルでは、負けた時の退き際を見極める事が最も重要になります。

ページ上部へ▲

4.勝っている時こそ追撃

逆に勝っている時は、賭金を増やして追撃をします。

勝っている時の(元手を差し引いた額)お金は、もし負けても良いお金なので、この時こそリスクをとって大きく張るべきです。うまくいけば効率良く大儲けができます。

ただし、流れの変化が冷静に判断できないと、突然の事故に遭いますので注意して下さい。

ページ上部へ▲

5.飲んだら賭けるな、賭けるなら飲むな

車の運転同様、冷静な判断ができない時に賭けるのは非常に危険です。
高度な技術を要するゲームに限らず、ごく簡単なゲームでも、退き際を誤って「注意一秒怪我一生」と自ら事故を誘い込むことになりかねません。

冷静な判断を鈍らせる行為は自重するのが鉄則です。

ページ上部へ▲

6.場を選び、場に従う

カジノによってルールやシステムがいろいろ違います。
これらを理解せずにディーラーに挑むのは、交通法規を無視して路上に出る様なものです。

特にオンラインカジノではルールの違いによって誤った攻略法の使い方により負けることは意外と少なくありません。遊ぶ前にサイトに掲載されているルールや説明を読み、フリーモードで練習をしてから本番に挑む事をお勧めします。

ページ上部へ▲

カジノの興奮がネットで味わえます!【わくわく度 100%】

カジノゲーム好きの方に 『 ジパングカジノ 』 をおすすめします!

本場カジノの「喜びや興奮」、そのすべてを感じることができる
『ライブゲーム』では、ディーラーとリアルタイム真剣勝負が楽しめます。その熱狂はまさに マカオ級!
勝負で勝ちとったお金は、自分の銀行口座に引出せます。

無料モードで練習できるので初めての方でも安心です。
遊べば遊ぶほどに、カジノゲームの楽しさが実感できます!

無料体験してみよう
ジパングカジノでの楽しみ方はこちらからどうぞ ≫